美容外科の注射 ヒアルロン酸・プラセンタ・ボトックス

美容外科 ボトックス注射の痛み

若返り注射

美容外科ではしわ改善やスリム効果のために、ボトックス注射を受ける治療法があります。治療方法は注射を打つ治療であり、針を肌にさすときに、軽くチクリとした痛みを感じます。多くの場合は針を刺す場所を、保冷剤などを利用して冷やして、冷たくて皮膚の感覚が鈍くなったことを見計らって、注射針を刺していきます。保冷剤で冷やす場合は別途費用は発生しないですが、麻酔を利用すると別途費用が発生をします。

美容外科の注射治療は、できるだけ患者の痛みを軽減させるためにも、麻酔などもいくつかの種類を用意しています。針と注入時の痛みをできるだけ軽減させるために、塗る麻酔を塗布して、しばらく時間を経過させてから注入をすることもできます。

即座に対応できる方法は笑気麻酔であり、鼻から麻酔を吸い込んで意識がふわふわとして来たら、ボトックス注射を気になっている場所に注射していきます。笑気麻酔は効きも早いですが、麻酔から酸素に切り替えてから鼻から外せば、すぐに元の状態へと戻ります。

イメージ通りにプチ整形